都立富士高校定時制最後の新入生「1A」号航海日誌


by fuji_taka_2006

給食

 夜間定時制には、給食というものがある。
 定時制通信制振興法という法律があって、補助金までついている。いや、かろうじてついている、と言うべきか。何故なら、「小泉改革」によって財源が文部科学省から地方に一般財源として移譲されて地方交付税として交付されたため、地方交付税をもらっていない東京には、国からの補助金がなくなったのである。
 そういえば、以前もこんなことがあった。
 米飯補助金というのがあった。この補助金も地方交付税となったため、東京にはお金がこなくなってしまった。
 考えてみれば、ひどい話だと思う。定時制は、勤労青少年のための教育機関としての役割を担ってきた、という歴史がある。地方で食べられなくなって、東京へ出てきた若者たちのための学校だったのだ。東京が地方を救っていたのに、東京の定時制は見捨てられたのである。
 ところで、東京の給食は全国的にも優れたものであった。今でも「補食」といって、パンと牛乳だけの県もあるらしい。実は国の補助金も「小麦」と「牛乳」に対する補助金だ。でも、この制度は第二次大戦で日本が敗戦して、食料不足だった頃のものではないのかね?そういえば、小学校の給食で脱脂粉乳飲んだ覚えありませんか?
 で、東京は完全給食といって、普通の食事が出されています。6年前まではそれぞれの学校に栄養士さんがいて、各学校毎に給食が作られていたのだけれど、今は「グループ給食」といって、なんだか飛行機の機内食のようになってしまった。
[PR]
by fuji_taka_2006 | 2006-04-19 01:27